目次一覧

ポジティブになれるゲーム!マウスの練習にもなります。

まだ、ステージ数が少ないですが、今後広まっていって皆さんに使っていただければ、ステージを増やしていきたいと思いますので、広めるための応援お願いします。

ルール

下記の例のような、ポジティブなアイコンをクリックするとポイントが加算されます。

クリックは何度でもできます。沢山クリックしてポイントを稼ぎましょう。

難易度を上げるために、どちらのアイコンがポジティブか難しいステージもありますが、その場合は【一番ネガティブでないアイコンを選びましょう】。

どれが最もネガティブでないかを考える直観力も問われるステージがあります。

わかりにくいという方もいますが、推理ゲームのような楽しみがあるという方もいますので、瞬間的な仮説検証の能力を磨いて直感的にどれが最もネガティブでないかを見分ける能力を磨きましょう!

正しいアイコンはクリックすると色が変わります。

thumb_up

原則100ポイントゲットするとステージクリアになります。

ただしタイマーがあり、原則20秒を超えると失敗となり、ライフポイントが1下がります。

※処理能力の低いスマートフォンでボタンを連打すると処理が追い付かずに動きが遅くなることがあります。その場合はより新しいスマートフォンを使うかパソコンを使ってください。ブラウザもIE以外をお使いください。



Timer



Now get point



Now life point



ポジティブになるにはこのゲームについて

レイニーブレイン、サニーブレインで有名なフォックス教授のポジティブ脳(楽観脳)を作る方法(「注意プローブテスト」)を参考に、ネガティブ脳(悲観脳)をポジティブ脳に変えるアプリを作ってみました。

NHK白熱教室でポジティブになるためには、ポジティブな画像とネガティブな画像を見て、ポジティブな画像をクリックするゲームを3年程度行うと、脳がポジティブな事象に早く反応するように変化するそうです。つまり、ネガティブな性格の人もポジティブな性格に後天的に変わることは可能なのです!

人間で長年実験を行った結果、ネガティブ脳の人がポジティブ脳に変わったという結果を得られたそうなので、ポジティブに性格を変えられるエビデンスがある、科学的な治療法といっても過言ではないと期待しています。

3年もかかるのと思う方もいると思いますが、やはり何事も長期間の訓練が大事になります。ポジティブになるには、長期間頑張る必要があるんだねと、それこそポジティブに受け止めてください。これも立派な認知行動療法になります。

ポジティブ脳とネガティブ脳について

フォックス教授の研究によると、人間の脳は、ネガティブな画像に反応する癖がある人と、ポジティブな画像に反応する癖がある人がいるそうです。

この現象はセロトニン運搬遺伝子が長いポジティブな遺伝子か短いネガティブな遺伝子かで、明らかにどちらの癖になるかある程度決まっています。

つまり、セロトニン運搬遺伝子が長いか短いか、セロトニントランスポーターが多い遺伝子か少ない遺伝子かで、人の性格は影響を受けるのです。

しかし、生まれ持った遺伝的影響で性格や考え方は決して変えられないのでしょうか?実は、脳の癖を変えることで、ネガティブ脳をポジティブ脳に変えることで、性格や考え方を前向きに変えることができるのです。

つまり遺伝子は変えることは出来ませんが、認知バイアスや脳の癖を変えることは可能なのです。

遺伝子は変わらなくても、脳の癖は変えることが出来るというフォックス教授の発言は、とてもポジティブな名言だと思っています。性格を前向きに変えたいと思っている方は、よく覚えておきましょう。

しかも、昔は7歳までしか脳の回路を変えることはできないと言われていましたが、現在は高齢になっても、変えることができるとわかったそうです。若者だけでなく、高齢者の方も、ポジティブ脳に変えるアプリを使ってポジティブで前向きな性格になりましょう!

遺伝子とうつ病の関係について

遺伝的要因だけでうつになりやすいと思いがちですが、実際は遺伝的要因だけでうつになりやすい人になるわけではないと、フォックス教授は仰っています。

うつになる可能性を高めそうな要因は主に二つあります。
一つ目は、セロトニン運搬遺伝子が長いか短いか、セロトニントランスポーターが多い遺伝子かどうか。
二つ目は、虐待やいじめなど深刻な体験をしたことがあるかどうかです。フォックス教授の研究によると、面白いことに、片方の要素だけを持っている人は、うつになる確率は、健全な人と特に差は存在しなかったそうです。

それではどのような場合うつになる可能性が高いのでしょうか。それは、この二つの要素が重なった場合です。
重なった場合のみ、健康な人と比べ、うつになる可能性が高くなることが分かっているそうです。

フォックス教授によると様々なポジティブ脳になるための努力を続ければ、3年くらいで大分前向きな性格になり、効果が実感できるとおっしゃっていますので、気長にじっくりと取り組んでいきましょう。

科学的なエビデンスがある事が記載されている参考情報

下記のリンク先の情報ですが、ポジティブ、ネガティブな画像をひとつづつ見せていく事を「注意プローブテスト」とフォックス教授は仰っています。
そして、テストをする本人が、ネガティブな画像はスルーして、ポジティブな画像を見るようにすると、脳のバイアスが変わっていくそうです。
この注意プローブテストによって、悲観的な性格の人が前向きな性格の人に変化する実験結果がちゃんと得られたと記載されています。
つまり、ちゃんと科学的なエビデンスがある認知のゆが改善する治療方法と言えます。
エレーヌ・フォックス教授による、ポジティブになるための参考情報

最後にポジティブになるにはこのゲーム(アプリ)の注意点

※フォックス教授のご提案されているゲームをそのまま再現するべきかとても悩みました。
しかし、ポジティブ脳に変えるためには、ある程度長期間続ける必要があると仰っていました。
よって、このゲームは、楽しく長く続けてもらう為に、厳密な再現ではなく楽しさを加えるための改良を行っています。

目次一覧

Special Thanks

当ポジティブ脳になるアプリを評価したり、広めてくれたりご支援いただいた方

株式会社ウェブさえ様に当アプリの開発費3000円を援助いただきました。大変ありがとうございました。アプリのグレードアップに使わせていただきます。

援助いただいたお礼にステージを追加しました。今後も援助いただいた分アプリをグレードアップして行きますので、どうぞよろしくお願い致します。

株式会社ウェブさえ様公式サイトはこちら

CONTACT