目次一覧

ナンプレ(数独)攻略の為に役立つコツまとめ

ブロックと行の情報から候補を一つ絞るという、ナンプレのコツ

? ? ?   3 4 5   ? ? ?
? ? ?   6 7 o   1 2 ?
? ? ?   8 ? ?   ? ? ?
                                    

上記表の赤い「o」に入力される数値を、ブロックと行の情報を組み合わせることによって、見つけていきましょう♪

まず、赤い「o」が所属しているブロックに入る可能性のある数値は、同じブロックに「1、2、9」以外の数値が始めから入力されているので、「1、2、9」と決まります。

しかしこれだけでは、一つの数値に絞れません。そこで、一番右側のブロックにある、「1、2」という情報を加えてみましょう。

すると、「1、2、9」の候補が、「9」だけに絞ることが出来ます。

よって、赤い「o」には、「9」が入ることが決まりました!

ブロックの情報だけでは、一つに絞れない時は、行や列の情報を加えて、複数の情報を組み合わせて、答えを見つけましょう。

このコツがわかれば、初級ナンプレを簡単に攻略出来るので、チャレンジしてみてくださいね♪

かなり使う頻度が多い解き方なので、これから、難問を解く時に、きっと役に立ってくれると思います♪

ナンプレ(数独)を攻略するテクニック(法則)まとめ♪

単独候補マス(Hidden single)(簡単初級レベルのテクニック)

? ? ?   ? ? ?   ? ? ?
? ? ?   ? ? ?   ? ? ?
? ? ?   1 ? ?   ? ? ?

? ? 1   x x x   ? ? ?
? ? ?   x o x   ? ? ?
? ? ?   x x x   1 ? ?

? ? ?   ? ? 1   ? ? ?
? ? ?   ? ? ?   ? ? ?
? ? ?   ? ? ?   ? ? ?
                                    

上記の表を見てもらうとわかる通り、ど真ん中のブロックの周りに、同じ数値「1」が、始めから入力されています。

このような状態の時、「1」がど真ん中のブロックの、どの空マスに入るかわかります。

つまり、赤い「o」(ど真ん中のブロックの、さらにど真ん中の空マス)以外の空マスは、周りにある「1」で除外していく事が出来るからです。

表に、色分けをして、どの「1」で、ど真ん中のブロックのどの空マスが、除外できるかを表しました。

これで、赤い「o」以外は、すべて、「1」が入らない事がわかったと思います。

よって、「1」は、赤い「o」に入るとわかりました!

最後にまとめると、単独候補マスとは、ブロックの周りに、同じ数値がすべて入力済みの場合、真ん中のブロックのどのマスに、その数値が入るかわかるというというテクニック(法則)です。

これを覚えれば、初級ナンプレ(数独)程度なら簡単にクリアーできるので、チャレンジしてみてくださいね♪

もし今回のテクニックが難しいと感じた人は、ナンプレ(数独)のルールや基本の説明をしているページを一度軽く読んでみてくださいね♪

その後戻ってくればきっとわかるようになると思います!

単独候補数字(Naked single)(中級レベルのテクニック(法則))

? ? ?   ? ? ?   ? ? ?
? ? ?   ? ? ?   ? 4 ?
? ? ?   ? ? ?   ? 5 ?

? ? ?   ? ? ?   1 2 3
? ? ?   ? 7 8   ? o ?
? ? ?   ? ? ?   ? ? ?

? ? ?   ? ? ?   ? 6 ?
? ? ?   ? ? ?   ? ? ?
? ? ?   ? ? ?   ? ? ?
									

単独候補数字とは、ある空マス(今回は赤い「o」)が所属する、行、列、ブロックに、「1から9」の数値が、8つすでに入力済みの時に、空マス(今回は赤い「o」)に入る数値を特定することが出来るテクニックです。

つまり、今回は赤い「o」に入力される数値は、8つの数値に、含まれない数値になので、「9」になります。

上記の表の例を使って、単独候補数字をさらに詳細に説明

これだけでも、十分にわかった人もいると思います。

ただ、念のため、もっと詳細解説も記載しますね。

ただ、念のため、もっと詳細解説も記載しますね。まず、赤い「o」のあるブロックに「1,2,3」があります。

次に、赤い「o」のあるブロックの真上にあるブロックに、「4,5」があります。

次に、赤い「o」のあるブロックの真下にあるブロックに、「6」があります。

最後に、赤い「o」のあるブロックの左にあるブロックに、「7,8」があります。

よって、赤い「o」が所属する、行、列、ブロックに、「9」以外が、すでに入力済みなことがわかりました。

つまり、赤い「o」には、唯一入力されていない「9」が入る事が決まるという、テクニックです。

なぜ、一つだけ入力されていない数値が入力されるとわかるのか?

実際に上記の表の赤い「o」に「9」以外の数値を入れると、始めから入力済みの数値と必ずかぶってしまいます。

だから、「9」以外はここに入れると矛盾してしまうので、入れられないという事になります。

でも、一つも数値を入れない事は出来ないので、唯一かぶらない「9」が絶対に入ると決定するという事です。

? ? ?   ? ? ?   ? ? ?
? ? ?   ? ? ?   ? 4 ?
? ? ?   ? ? ?   ? 5 ?

? ? ?   ? ? ?   1 2 3
? ? ?   ? 7 8   ? 6 ?
? ? ?   ? ? ?   ? ? ?

? ? ?   ? ? ?   ? 6 ?
? ? ?   ? ? ?   ? ? ?
? ? ?   ? ? ?   ? ? ?
									

例えば、「6」を入れた所、下のブロックにある「6」とかぶってしまう事がわかると思います♪他の数値も同じ結果になります。

最後に、単独候補数字は、裸のシングル(Naked single)という言い方もするそうなので、豆知識として覚えておきましょう♪

二国同盟(2マスの予約法(Naked Pair)(中級レベル♪)

1&2の「&」は、「どちらか」という意味。
つまり、1か2のどちらかという事です。
? ? ?   9 8 1&2 ? ? ?
? ? ?   7 6 1&2 ? ? ?
? ? ?   5 4 3	? ? ?
赤い「o」は、1&2&3のどれかわからない?
二国同盟で、「4」とわかる!
? ? ?   ? ? o	? ? ?
? ? ?   ? ? 5   ? ? ?
? ? ?   ? ? 6   ? ? ?

? ? ?   ? ? 7	? ? ?
? ? ?   ? ? 8	? ? ?
? ? ?   ? ? 9	? ? ?
									

二国同盟というテクニック(法則)は、【二つの空マスに、二つの数値の候補がある時に使えるテクニック】です。

それでは、上の表を参考に具体的に見ていきましょう♪

まずはじめに、上の表にある、「1&2」の「&」は、「どちらか」という意味です。つまり、「1&2」は、「1か2」のどちらかが入力される空マスという意味です。

次に、赤い「o」に、入る可能性のある数値は、「1,2,4」のどれかになります。

つまり、二国同盟を使わないと、「1,2,4」のどれが入力されるか特定できません。

それでは、二国同盟を使ってみましょう。

「1&2」のあるブロックを見てください。「1と2」以外の数値がすべて埋まっているので、必ず「1か2」と表現している空マスには、必ず「1か2」どちらかが入る事が決まっています。

つまり、二つの空マスに、二つの数値の候補がある状態です。

今回は、空マス(表にある二つの「1&2」)の数と、候補の数値(「1か2」なので二つ)の数が、両方とも二つになっていますね。

このように、空マスと候補の数値の数がピッタリ一致した時に、「X国同盟」というテクニックが使えるのです。

今回は、両方とも二つなので、二国同盟になりますが、三つなら三国同盟になります。

そして、「X国同盟」になった時は、対象になっている空マス意外に、候補の数値は絶対に入らない事が決まります。

表の例に当てはめると、「1&2」と表現している二つの空マス以外には、絶対に「1と2」は、入力されないと言う事になります。

1&2のどちらかに、「1と2」が入る事が、
二国同盟により決定!
? ? ?   9 8 1&2 ? ? ?
? ? ?   7 6 1&2 ? ? ?
? ? ?   5 4 3	? ? ?
赤い「o」には、絶対に1と2は入らない。
よって、ここには、4が入ると決定!
? ? ?   ? ? o	? ? ?
? ? ?   ? ? 5   ? ? ?
? ? ?   ? ? 6   ? ? ?

? ? ?   ? ? 7	? ? ?
? ? ?   ? ? 8	? ? ?
? ? ?   ? ? 9	? ? ?
									

すると、赤い「o」には、「1と2」が絶対に入らない事になるので、列のどこに入るか唯一わかっていない「4」が、入る事がわかりました!

つまり、【二国同盟とは、二つの数値が、どの二つの空マスに入るか特定することにより、それ以外の空マスに、その二つの数値が絶対に入らない事を決定づけるためのテクニックという事がわかってもらえたと思います♪】

もし、【二国同盟を知らなかったら、赤い「o」に、「1、2。4」のどれが入力されるか特定できませんよね。】

このテクニックは、上級レベルのナンプレ(数独)

になると必要になることもあるので、今回しっかり学んでおきましょう♪

目次一覧

CONTACT